2018年07月25日

クールタオル色落ち注意

先日、ホームセンターに行った時に
入口付近にあったクールタオルに目が止まった。
これを買いに来たわけではないが、
今年の暑さと、今度祭りの準備をする時のことを
考えて買ってみました。

値段は、350円くらいだったので
特に何も考えずに購入。
蛍光グリーンの鮮やかな色。
見た目にも涼しそうで良い。

今ネットで調べてみると、
普通はもっと高いもののようなので
ちょっと安物だったようだが
それなりに冷えるから使っています。

しかし、問題が有った!

うちは、基本的にはエアコンは付けずに
窓を開けて風を入れ、扇風機で過ごしている。
余程の時でなければ、これでなんとか行けている。
熱中症にならないように、水分補給もちゃんと行っています。

でも、確かに暑い。
そこで買って来たクールタオルを使ってみることにした。
まず水で濡らして、少し振るとひんやりとする。
首に巻いて使ってみた。
何となく涼しい感じがして、厚さが少しだけ
和らぐ気がする。
首元が、水分で少し濡れることが欠点ではあるが、
これも涼しさを得る為なので仕方がない。

鉢巻のように頭に巻いて使ってみた。
この時、耳まで覆う方がより気持ちが良い。
時間が経って、また濡らそうと思って外すと、
おでこがホカホカしてきた。
と言う事は、やっぱり冷えていると言う事だ。
無くなったために、冷えたおでこが反動で
暖かくなったのだろう。

また首に巻いて、仕事を続けていました。

ところがだ。
夜になって、お風呂に入ろうとして服を脱いだ時、
色落ちしていることに気が付いた。
襟元が蛍光グリーンに染まっているではないか。
しかもよりによって、この日は白いシャツを着ていた。

最初にしっかりと洗ってはいなかったが、
まさかこんな化繊のタオルが色落ちするとは
思ってもいなかった。
綿系の物ならありうるのだが、化繊は色落ちなど
考えてもいなかった。
急いで「みらいの洗剤」を噴霧。
この「みらいの洗剤」は、衣替えをしたときなどに
汗染みで黄ばんだ襟元に噴霧してやると結構綺麗に
落ちたことから、今度も期待してやってみた。
少しマシになったけど、まだ色がわかるくらいに
染まってた。
石鹸でも洗ってみた。
最後は、漂白剤に付けてみたが、決定的には落ちなかった。

やや蛍光グリーンにそまった襟元が悲しい。
多分、知らない人からは、あまり気にならないレベルだが
わかっている本人にしては残念なことになった。

ろくに注意書きも見ていなかったけど、
色落ち的なことは目にしていない気がする。
みなさんも、色落ちには気を付けてください。
気になる時は、黒い服とか、色の濃いもので
初めはやった方が良いと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 17:20| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

西野ジャパン ベルギーに2-3で惜敗

西野ジャパン、お疲れさまでした。
いや〜〜、実に惜しい負けでした。

一瞬、夢を見させてもらいました。

夢の扉は、重く。
開きかけた扉は、ベルギーの底力で
押し返されました。

予選リーグで主力メンバーを休ませた西野ジャパン。
日本にとって、次の試合の事は関係なく、
この試合にすべてをつぎ込んで勝ちに行った。

一進一退で、前半を0-0で折り返した。

後半に入り、いきなり3分で日本が
先取点を挙げた。

そして、すぐに後半7分で追加点。

日本中が歓喜に沸いた瞬間だ。
まだ、ダメ押しとなる3点目を入れれそうな気配すら漂う。
ここで、3点目が入れば、流石のベルギーも
観念したかもしれなかった。

じわじわと追い上げてくるベルギー。
攻めながら逃げ切りを図る日本。

ベルギーは、前の試合から9人も選手を入れ替えてきている。
これまでも、毎試合メンバーを入れ替えているベルギー。
選手層の厚さが、そんなことを可能にしているのだ。
多分、この試合も次のブラジル戦を考えて、ベストメンバーではない。

しかし、ここで負けるわけにはいかないベルギーは、
身長の高い選手と、足の速い選手に交代させて、
一気に攻撃の圧力を増していった。

後半24分に1点を返すと、29分には、少しラッキーともいえる
ふわっと浮かせた(多分クロスボール)が、そのまま
河島選手の頭上を越えてゴールとなり同点とした。

ここからは、両チームの決勝点を狙う戦いとなった。
勢いを取り戻したベルギーは、次々と日本陣営へ
攻め込んでくる。
それをしのぎながら、ワンチャンスで決勝点を狙う日本。

西野監督は、中々メンバー交代をしない。
延長戦も考えての事だろうか?

ようやく36分に、本田選手と山口選手を投入。
ややタイミングが遅かったように思えた。

ベルギーの決定的なシュートを阻んだ日本は、
ベルギーのゴールエリアへ攻め込み、コーナーキックを得た。

ここで決めたい日本。
本田選手のクロスをベルギーのゴールキーパーが
ダイレクトでキャッチ。
スローインでパスをすると、ベルギーの怒涛のカウンター。
必死で戻る日本の選手を置き去りにして、一瞬にして
決勝点を入れた。

本当に悪夢のような瞬間だった。
あと少し、あと少し持ちこたえたら延長戦に
突入していただろう。

ここまで一番恐れていたルカク選手を抑え込み、
まったく本来のプレーをさせてこなかった。
ディフェンダーは、見事にその役割を果たし、
オフェンスは、少ないチャンスをものにして
強豪ベルギーから2点も取った。

今日の日本選手は、みんなするべきことをやり切った。
素晴らしい試合だった。
全員力を出し切ったと言ったと言えるだろう。

朝は、よくやった。
日本の力を見せることが出来たと
本当に思ったし、日本代表を誇りに思った。

でも、時間が経って、夕方になると、
良い試合だっただけに、悔しさがこみあげてくる。
タラの話は出来ないが、やはり先に取った2点を
守り切って買って欲しかったな〜〜〜。

この悔しさは、また4年後に返してくれるだろう。

西野監督も、この短期間で良くここまでチームを
まとめ上げたものだと称賛する。
選手も、こんな状況で、様々なプレッシャーの中で
よく戦ってくれた。

これからの日本の選手の活躍を願って、
ありがとうと伝えたい。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ
posted by ツボ at 19:40| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。