2005年12月12日

アメリカ牛肉輸入再開

今日、農林水産省は今日付けで2003年12月から輸入禁止に
していたアメリカ産牛肉の輸入再開を決めた。

<1>脳、脊髄(せきずい)などの特定危険部位を取り除く
<2>生後20か月以下の牛肉と内臓に限る
との条件で再開されることとなったのだが、アメリカの方は
韓国と同様に「30か月以下」となるのは時間の問題だろうと言う
見方もあるという。

逆に、農水省は、日本国内での口蹄疫(こうていえき)発生を
理由に2000年から禁止されていた国産牛肉についても、
米国、カナダ向け輸出が米国時間の12日までに再開されると発表した。


結局、お互いの交換条件だったのか?
これだけ国民が気にして反対していても、政府が決めてしまえば
輸入はすぐに再開してしまう。国民の安全を考えているのだろうか。
大きな農場では、牛の年齢を正確には把握できていないと言うのに、
どうやって20ヶ月以下の肉だけだと判断できるのか?
相手を信じるしかないと言う状態で輸入再開して良いのか。

このニュースを受けて、牛丼チェーン店の「すき家」は
当面アメリカ産の牛肉を牛丼に使うことは控えるとコメントした。
一方、最大手の「吉野家」は再開を歓迎し、やっと消費者に
牛トンが提供できると言うようなコメントをしていた。
今後、「吉野家」のコメントが変わるかもしれないので
今現在でのコメントとしておきますが。

生肉に関しては消費者が買う買わないを決めれるのですが、
加工したものについては表示がなされない場合が多い。
我々は、どうやって自分の身を守れるのだろうか?
アメリカ産牛肉を食べたくないという権利を守ることゃできないのだろうか。
こんな状況のままで輸入を再開しても、アメリカ産ですという
表示をして店頭に出すスーパーも殆どないのではないか。
国民がある程度納得できる条件を詰めてからでも、遅くはなかったはず。
とりあえず道だけ付けとけと言った輸入再開に、一体どんな意味が
あるのだろうか。国民からは信頼をなくし、アメリカからは
こんなはずではないもっと輸入しろと言われるのがおちだろう。

人気blogランキング


posted by ツボ at 14:11| Comment(1) | TrackBack(10) | 怒るで〜ぇ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのことは
Posted by 耕介 at 2006年05月04日 14:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

私は、「吉野家」ではなく、「すき家」に行きます!
Excerpt: 「使いたいが使えない」 牛丼のすき家が見解発表 米国、カナダ産牛肉の輸入が2年ぶりに再開されることになった。内閣府の食品安全委員会の答申を受け、農林水産省などが禁輸の解除を決めた。近く、米国産牛肉が..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-12-13 20:46

シンガポール お祝いの席は吉野家で!
Excerpt: 昨日ラジオ(Class 95 FM)で日本の米産牛肉輸入再開に触れ、シンガポールの牛肉はほとんどがオーストラリア産だから大丈夫だとDJが笑い飛ばしていた。こちらの吉野家の牛肉もオーストラリア産なのだろ..
Weblog: しゃべるマーライオン
Tracked: 2005-12-14 07:06

アメリカ産牛肉、買うか?
Excerpt: 風邪ひいて、ブログも休んじまったわ。休んどる間に、米国産牛肉の輸入再開っていうニュース聞いてびっくりしたわ。ええの?安全性はて? また、産地偽る奴でてこーへんのか?吉牛フ??
Weblog: エカオヤジのがんばれニッポン!
Tracked: 2005-12-14 13:21

外務省にはBSE存在せず
Excerpt: よく分からん米国産牛肉解禁を書いた後、念のために外務省の海外安全ホームページでBSEを検索したら、不思議なことに一つもヒットしなかった。
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2005-12-14 20:27

勝手にブロガー新聞 「米国産牛肉、どうすんのよ?」第4号
Excerpt: プリオン病が細菌やウイルスの病気とどう違うのかちゃんと教えてもらっていなかったり、全頭検査をやることの意味を理解させてもらえなかった日本国民の皆さん、お元気ですか?勝手にブロガー新聞ももう第4号です。..
Weblog: スター・ウォーズ エピソード3を結局9回観た社長のブログ
Tracked: 2005-12-15 10:30

輸入牛肉再開を耐震偽装に重ねてみる
Excerpt: もう輸入再開されたのだが、基本的に兄やんが反対しているのは、現在の条件が安全に不安がある、ということだけではなく、その検査機関が機能するのか、全く信用ができないからである。 マンションの耐震偽造すら..
Weblog: 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ
Tracked: 2005-12-24 13:00

牛丼がっつく?
Excerpt: 16日に 米国産牛肉 が2年ぶりに輸入再開し、 早くも今日 には焼肉店に並ぶそうです(汗) 安く..
Weblog: リクエストメール で時給 1万円 Blog
Tracked: 2005-12-24 22:32

小泉劇場以後マスコミは「大本営発表」になった
Excerpt: 重要な問題はこそこそと閣議決定で決められていくわけですが、解禁に至る経緯のなかで、マスコミが延々と「米国産全頭検査拒否牛肉ごった煮ぶっかけ飯が食べられない」「米国産全頭検査拒否牛肉ごった煮ぶっかけ飯限..
Weblog: 真夜中の国語辞典blog版
Tracked: 2006-01-01 11:48

信用できるものが何もない
Excerpt: この米国産全頭検査拒否牛肉輸入再開より前、国内で初のBSE感染牛発見のあたりで、各政党に食品表示のアミノ酸や牛エキスといった原材料不明の表示から具体的な表示に変更し、外食の厨房の調理器具や精肉段階での..
Weblog: 真夜中の国語辞典blog版ぞーぷす
Tracked: 2006-01-04 12:54

アメリカ牛
Excerpt: 米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見(アサヒ・コム)→記事全文 米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入(読売新聞)→記事全文 BSE対策で除去が義務づけられ
Weblog: info@okawara
Tracked: 2006-01-21 02:16
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。