2006年03月08日

第二の姉歯

耐震偽造事件以来、第二・第三の姉歯建築士は出て来るとは
思っていましたが、昨日札幌で自ら計算書偽造を告白した
浅沼良一・2級建築士のような例は全く論外と言っても良い。
耐震強度は、姉歯氏のようなものではなく緊急性は無いと
言っているが、問題はそんなことではない。
計算書の数値を改ざんしたという事が問題なのであって
程度のことはその次のことである。
そして何より、資格を持っていない者が大きな顔をして
仕事をして、堂々と会見で答えている事が腹立たしい。
我々建築士は、経験を積み、勉強をして試験に合格して
責任を持って仕事をしているのであって、資格を持っていないと
いうことはその責任でやってはならないのである。
勿論、一級建築士の下で仕事をすることはあるでしょう。
そうやって経験を積んで行くのですから。しかし、それは
あくまでもその一級建築士の責任ですることであって、
二級建築士が自らの責任でしてはならないのです。
ここで誤解の無いように言っておきますが、決して二級建築士のことを
低く見ているのではありません、それぞれが資格に従った役割で
責任を持って仕事をしなければならないと言うことです。
一級の仕事がしたければ、一級建築士免許を取らなければならない。
仕事としては出来るから免許を持っていなくてもするというのは、
社会のシステムを無視することです。

先日の駒大苫小牧の問題も同じ事が言えます。
後輩達が春の選抜に出れないということばかりが取上げられて
いますが、もとを正せば高校生(卒業はしたが)が喫煙・飲酒を
すること事態が間違っているのです。
仮に大学に入学していたところで未成年は未成年です。
ダルビッシュ投手の時を思い出してください。
彼はプロに入った後ですが未青年だったから問題になったのです。

何か今回の事も、大元の事を忘れて目立つ事ばかりを言っている
ように思えてならない。
耐震偽造はやってはならない事だし、当該マンションが
どの程度なのかも問題ですが、一番には二級免許しか持っていない
浅沼氏が一級免許の必要な構造計算を自分の責任だけでやって
いたことです。その上で見ていた一級建築士は一体何をしていたのか。
一級を持っている構造設計士もいるはずだ。(計算書に
明記しないといけないから)
建築界のモラルが低下していると言うか、ゆるゆるになって
ボケてしまっているのではないか。
この一連の問題で建築士が失った信頼は計り知れない。
僕自身も含め、きちんとした仕事をしている建築士は
もっと世間に対してアピールして行かなくてはいけないのだろう。

人気blogランキング


posted by ツボ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 怒るで〜ぇ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

????絽????????潟?激?с?割?閶?????????梧??罧阪?
Excerpt: ????絽??????????????若?水?初????馹???с??篏閶??????????????????????潟?激?с?潟??ぇ筝?紊???????????????膈???????????..
Weblog: 莢激?c????????????????掩?ャ???????????紙?掩?ヤ???????
Tracked: 2006-03-09 15:04

偽装マンション住民から札幌市に批判相次ぐ
Excerpt: 浅沼良一・二級建築士による札幌市のマンション耐震データ偽造問題で、耐震強度が国の基準に満たないマンションの住民に対する初の説明会が夜、同市中央区であった。市建築指導部と分譲した太平洋興発(東京都中央区..
Weblog: 東急不動産東急リバブル不買宣言
Tracked: 2006-04-18 21:46
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。