2006年09月13日

リュック・ベッソン監督が引退宣言

僕の好きな映画監督の一人であるリュック・ベッソン監督が
突然12月13日より公開予定の次回作「Arthur et les Minimoys
(邦題:アーサーとミニモイたち)」を最後に、映画の世界から身を
退く意向を明らかにした。

「グラン・ブルー」で一躍注目を集め、「ニキータ」「レオン」と
ヒット作を連発した。
その後「フィフスエレメント」でミラ・ジョヴォビッチを起用し、
そのまま結婚した。
このベッソン監督は、以前にも「ニキータ」の主演女優の
アンヌ・パリローとも結婚しており、女癖はあまり良くない気がする。(笑)
映画監督と主演女優が結婚すると言うのは、日本でも「Shall We ダンス?」の
周防正行監督と草刈民代さんの例もあり珍しいことではないが、
ベッソン監督の場合はそれが如実に現れる。
もともと「レオン」を作ったのも、「ニキータ」で掃除屋(殺し屋)
として登場したジャン・レノの物語として作ったものでした。
つまり、ベッソン監督が気に入った人を使って映画をつくような感じです。
当然、監督はキャスティングする時に気に入った俳優を使うでしょうが、
ベッソン監督の場合はそれに「個人的に」と言う言葉がつくのでは
ないでしょうか(笑)
ミラ・ジョヴォビッチは次の「ジャンヌダルク」でも主演しています。

そして脚本の方に移り「TAXI」「WASABI」となってゆくのですが
「レオン」で大ヒットしてから、次第に娯楽の方へ向いていったような
気がします。昔のようにクールで緊張感のあったものではなく、
大衆に受ける映画に変わって来たようで、少し淋しい気持ちに
なっていました。やはり活動の場が、フランスからアメリカに
移ったせいなのかもしれません。

しかし、47歳とまだ映画監督としては若いのにいきなり映画界から
身を引くのはいささか勿体無い気がします。
もう少し年を重ねて、少し枯れてきた時の作品が見てみたい気がします。
ベッソン監督の事だから、また突然復活する事を期待しています。

人気blogランキング


posted by ツボ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ