2007年11月20日

4分間のピアニスト

刑務所に服役している囚人と、ピアノの講師として働いている
職員の物語といえばそれまでですが、二人の隠された過去が
入り混じって音楽に昇華したドイツ映画です。

いろいろと問題を起こすジェニーに、ピアノの才能を見出して
教えようとするピアノ講師のクリューガー。
なんとかレッスンをしてコンテストで優勝させようとする。
しかし、ジェニーはクラシックではなくて現代の音楽を弾きたいのだ。
クリューガーはそれを否定する。

お互いに隠した過去を持ちながら、ピアノのレッスンを重ねて行き、
コンテストを勝ち抜いて行く。
いよいよ決勝まで残ったジェニーに、陰謀によって暴力事件を起こさせる。

決勝まであと数日と言うところでジェニーは出場を止められる。
クリューガーもピアノ講師を止める事になった。
果たしてジェニーはコンテストに出場するのか。
二人が隠し続けた過去とは。。。。

と言いながら、最後のジェニーの演奏は、あるジャンルを超えて凄いものがあった。
この演奏だけでも一見の価値はあるだろう。
予想通りのラストシーンではあるが、分かっていても感動するものであった。

4分間のピアニスト


posted by ツボ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。