2009年03月03日

厨房機器 無事搬入

先月の頭から工事している高槻のレストラン「grado」
今日が最後の山場の厨房機器の搬入でした。
と言うのも、今回の工事では厨房危機は、オーナーが買ってくる形の
契約なので、現場は協力と言う事になっています。
つまりオーナーと僕が主導でやらなければいけないのです。

小さな店なので搬入ルートが確保できず、設計の段階から、
これは厨房の窓から入れなければならないだろうと覚悟していました。
調べれば調べる程問題が発生、メーカーに問い合わせたりして、
図面上でのシュミレーションを繰り返し、結果はやはり窓しかないと
言う結論に達しました。
搬入を直前になって、オーブン付きガスレンジの重量が
予想以上に重たい事に築きました。(激遅)
工務店は、素人では無理だと諦めムード。
特殊技能の重量屋さんを呼ばなければ危険だと言う。
今更手配しても間に合わず、お金もかなりかかるので断念。
メーカーの「4人でいける。普通の人でも6人いれば大丈夫」の
言葉を信じ(信じざるを得ない)やるだけやってみようと決断した。
ダメなら諦めて重量屋さんが来れるまで待つしかない。
当然オープンもずれ込む。

そう腹をくくって今日に臨みました。
オーナーの二人と僕、現場から二人、運搬の運転手さんに加え、
知り合いの建築家岩城なぐさんに協力してもらっていざ勝負。
岩城さんは、前から一度現場を見たいと言われていたので、
現場を見せるから協力してとお願いしたところ、快く了承してくれました。
岩城さんの好意に全面的に甘えさせてもらいました。
本当に助かりました。ありがとうございました。

今日は曇りのち雨の予報で、天気が持つのか心配していました。
朝からテントの取付を行っており、店先には庇が出来たので
ちょっとましですが、運ぶ際の足元が心配です。
到着時間になってもトラックは来ず、そうこうしていると
パラパラと雨が降り始めました。
暫くすると雪に変わり、みんなの気持ちも曇り空。
これ以上降ると危険なので、作業は取り止めないといけなくなる
かもしれない。

ようやくトラックが到着して、問題のガスオーブンとご対面。
総重量は約180キロ。
取り外した後でも約160キロはあるという
メーカーから聞いていたはずせる部分を取り外し、さて抱えれる
ものかとやってみるといけそう。
窓の寸法もギリギリで、余裕なんて物はありません。
それでも何とか無事に入れる事が出来一安心。
あとは冷蔵庫が80キロなんて問題にもなりません。
次々に運び込んで、1時間くらいで終了しました。

昨日は、ここがひっかかる、次はこれが問題と、メーカーに
何度も電話で確認して、寸法だけはいける目処は付いていたんですが、
重さだけは持ってみるまでわからないし、無理だという話も
聞いていたので、本当に一か八かの状態でした。
ここだけの話、夢にまで出てきましたから(笑)

前半の山場の石窯作りは、完成した写真をまだ撮っていないので
後日アップすることにします。

とにかく、何とか無事に納める事が出来てホッとしています。
明日はいよいよ器具付けをして、明後日洗いをかけて引渡しです。
昨年末に初めて話を伺って、バタバタとまとめてスタートした店。
来週9日にオープンできそうです。
お店の詳しい情報は、オープンしてから改めてお知らせします。


posted by ツボ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事してます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。