2009年03月25日

「侍ジャパン」WBC2連覇

やってくれました!
原監督率いる侍ジャパンが、韓国との激戦を制して優勝。
WBC大会2連覇を掴み取りました。

1回目の大会では、通算成績からすると韓国の方が良かったにもかかわらず、
ルールの上で勝ち進んだ日本が優勝するという結果になりましたが、
今回は本当に勝ったと言えるでしょう。

日本と韓国は、それぞれ2敗と3敗。
つまりお互いに負けただけで、他の国には負けていないという
完全なる1位と2位なのです。
これは、今アジアの野球のレベルが相当な物だという事を
世界に知らしめる結果でした。
当然スポーツ競技ですから、その時の運や調子で変わるので、
絶対的なものではないですが、アメリカのベースボールに
ひけを取らないレベルに成長していると言えるようになったのでしょう。

決勝戦の試合の方は、まさにこれが決勝だと言う物でした。
どちらかが大差と言うことにならなければ面白いのになと、
試合前は勝手なことを思っていましたが、ここまで接戦になるとは
想像もしていなかったし、ほんとハラハラドキドキでした。
大会初の延長戦となり、イチローの一振りで決るなどまさに誰かが
書いたシナリオかと思うような結果でした。

何とか勝ったと思った9回裏の韓国の粘りは流石で、逆転優勝するかもと
思ったほどのムードでした。
韓国も強かった。
メジャー選手は1人しかいないとは、到底思えないほどレベルの
高い選手が多く、これからは凄い事になりそうな予感がします。

今回の侍ジャパンは、みんなが活躍し、誰がヒーローとは言えないほど、
全員で勝ち取ったと得る物です。
先発した岩隈投手は、期待通りのピッチングをして韓国打線を
抑えてくれました。
昨シーズンを通して3本しかホームランを打たれていない岩隈投手から、
決勝戦の大舞台で同点ホームランを打った韓国のパワーは、
日本とは違う道を進んでいるのだと実感した。
昔だったら追いつかれるとズルズルと負けて行った日本ですが、
今大会では気持ちの強くなった日本を見れました。

イチローは目に見えるヒーローですが、僕は個人的に昨日の最大の
ヒーローは内川選手だと思います。
5回に韓国が同点ホームランを打った後に、レフと前に放ったヒットを
ワンバウンドでスライディングキャッチし、すかさず2塁へ送球して
アウトにしたプレーは大きかったと思います。
これが後に抜ければ最悪3塁打となっていたし、安全にキャッチしても
ワンアウト2塁で韓国の逆転のチャンスは続いていた。
ムードとしてもかなり悪かっただろう。
このプレーにより2アウト、ランナー無しになったので同点で留まり、
7回のリードへと繋がったのではないだろうか。
また、延長の10回には先頭打者としてヒットを打ち、イチローの
ヒットで決勝のホームを踏んでいる。

他にも沢山のヒーローがいすぎてあげているとキリが無い。
本当にみんなよく頑張った。
良い話題の無かった日本に、元気をくれたと思う。
選手をはじめ、監督・コーチ陣にありがとうと言いたい。

韓国チームも本当に素晴らしいチームだ。
結果としては日本が優勝したが、韓国が優勝していてもおかしくないほど
実力は拮抗している。
アメリカも、今回の大会を見て次回からは本気でやってくるだろう。
これを切っ掛けとして野球を世界中に広めて、オリンピックに復活を
果たせるようになると良いでしょうね。


posted by ツボ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。