2009年05月07日

磁器婚式

今日で結婚してから20年になりました。
20周年は、てっきり「銅婚式」だと思い込んでいたら
実は「磁器婚式」だそうです。(苦笑)
「銅婚式」は、7周年らしい。
金・銀・銅だから、もっと重い感じがしていたのだけど、
「銅」って意外と早かったんですね。

意味としては「年代と共に値打ちが増す磁器のような夫婦」と言うことらしいです。

かたや「陶器」は9年目のようで、やはり硬くて強い磁気は
20年もしないとと言うことでしょうか。

次の区切りとしては、いよいよみんなもよく知っている
25周年の「銀婚式」になるわけです。
ここまでは、何かがない限りは迎えることは出来ると思っていますが、
その次の有名な「金婚式」は両方揃って向かえることは大変です。

話を戻して、10年と言えばCMの関係で「10周年(テンイヤーズ)ダイヤモンド」を
想像してしまいますよね。
10周年を記念して、旦那が奥さんにダイヤモンドを贈るとか。。。。
これって、宝石業界の作った陰謀。
言い換えれば、チョコレート業界が作ったバレンタインチョコや
大阪の海苔業界が作った節分の恵方巻きなわけです。
実際の「ダイヤモンド婚式」は、60周年なのでほとんどの人は
迎えることは難しいのです。

などと、いろいろと調べてみると面白い事がわかりました。

ここから先は、5年ごとにある「○○婚式」を目指して
健康で仲良く暮らす事が大切なのでしょう。
改めて、考えてみた一日でした。


posted by ツボ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。