2009年07月30日

高速水着 禁止へ

世界水泳が行われていますが、今大会でも世界新記録が
次々と塗り替えられています。
そんな折、国際水連は来年から高速水着の使用を禁止とする
見解を発表した。

一般的に高速水着と呼ばれているのは、スピード社の「レーザーレーサー」に
代表されるラバー製・ポリウレタン製の水着の事で、水を弾いて
抵抗を少なくしようと言う物だ。

北京オリンピックの時に採用され、世界新記録ラッシュとなった。
日本選手は、認定されたメーカーが違う為に、レーザーレーサーを
着れるのかどうかで問題となったほどだ。

今大会でも、誰が何処の水着を着るかと言う話題が先に出てくるほど、
水着の問題は大きくなっていた。

はっきりした因果関係は無いものの、好タイムを出した選手が
この高速水着を来ていたケースは多い。

ここまで水着がレースを左右するようになったのでは、
はっきり言って公平な試合とは言えなくなって来た。
選手も、好記録を出すと水着のお蔭のように言われ、北嶋選手は
「水着のことよりも、自分の泳ぎを見て欲しい」とまで言った物だ。

国際水連がはっきりとした基準を示してこなかったのが一番大きな
問題だったのだが、やっと過熱化する水着競争に終止符を打ったことになる。

とは言え、誰が着ても記録が出るわけではなく、ある水準に達した
選手が着るから意味があるのだが、貧しい国やスポンサーなどの関係で
着たくても着れない選手がいるのも確かだった。

ラバー系の水着の着用を禁止し、水着で覆う部分も決めたのは
ある意味画期的な判断なのかも知れない。
男子は腰から膝までとし、全身水着は禁止となる。

昔は、少しでも早くなるだろうと、スキンヘッドにしてみたり、
全身の毛を剃ってきた選手もいた。

人間の力の限界を争う競技なのだから、水着で競っていた今の状況には
違和感を持っていた。
誰もが同じ条件で争ってこそ、タイムレースの面白さがあるというものなのだ。
ルール変更後は、世界新記録の数は少なくなるだろうが、
選手の努力によって必ず記録は塗り替えられるだろう。
その時には、心から賞賛の拍手を送りたいものだ。
人間のもつ可能性は、道具に勝ると信じている。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】

ブログのトップページへ


posted by ツボ at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。興味深く拝見させていただきました

各社の水着戦争、私も水泳をやっていた身としては

近年の記録ラッシュに疑問符を常に持ち続けていました。

このままだと最終的には水着だけ泳がせればいいのでは

なんて思っていました

高速水着で記録を保持している選手はこれから「あの水着だから出た記録」
と言われてしまうのもなんだか切ないですね
Posted by 春日部競泳 at 2009年09月13日 14:48
春日部競泳さん、コメントありがとうございます。

ようやく水着競争に規制がかかるようになって来ましたが、
選手の記録よりも水着に関心が集まるのは悲しいことだと思います。

逆に基準を定めて、その範囲の水着で競技をして、
純粋に選手同士の戦いが見れることを願っています。
Posted by ツボ at 2009年09月13日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。