2009年10月10日

オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞

アメリカのオバマ大統領が、ノーベル平和賞を受賞した。
4月にプラハで行った「核兵器の無い世界」へ向けての宣言や、
9月の国連での採択を取った議長としての期待を込めたものだと思われる。

このオバマ大統領の受賞について、まだ何も結果が出ていないので
早すぎるのではないかと言う声も上がってる。
実際に、大国の核兵器の破棄が行われる保証もないし、
いつまでにやろうとしているのかと言うスケジュールもはっきりしていない。
ただ、これまで何となくお茶を濁して来たアメリカが、
積極的に取り組もうとする姿は見えるような気がする。

CHANGE!

この言葉をスローガンとして掲げてきたオバマ大統領だから、
これまでとは違うアメリカの形を作ってくれると言う期待が大きい。

結果をすぐに求めるのではなく、動き出す姿を見つめる。
みんなもそれに力を貸して、協力する。
一番変わらなければならないのは、一人一人の心かもしれない。

今回のノーベル平和賞は、その変化への期待と啓発なのではないだろうか。
先行投資としての受賞なのだと思う。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。