2010年02月04日

朝青龍が現役引退

朝青龍が引退を表明し、相撲協会も引退届けを受理した。

当初マネージャーに対して暴力を振るったとしていたのが、
後になって一般市民だったとわかり、一気に話は深刻になった。

これまでも、いろいろと問題を起こし、次に問題を起こしたら
引退勧告が出されるかもしれないと言われていた。
そこに、今回の問題が起きたのだから、流石の相撲協会も
どう言う判断をするのか注目されていた。

引退勧告を出されると、事実上のクビとなるので、その前に
自ら引退の道を選んだのが、朝青龍にとって最後のプライド
だったのかも知れない。

素行は問題があっても、相撲は強かった。
同じモンゴル出身の白鵬も頑張っているが、朝青龍にはまだ
及ばない感じだ。
記録としても、優勝回数25回で歴代3位となるなど、今後の活躍にも
期待されていただけに、相撲界にとっては大きな痛手となるだろう。

いろいろといわれる反面、そのパフォーマンスは人気があり、
朝青龍が見たくて場所に来る人も少なくなかった。

朝青龍の素行については、本人の問題は当然ながら、親方や
協会の責任も小さくない。
ここまで自由奔放にしてしまったのは、この両者の責任と言えるだろう。
丁度、貴乃花親方が理事に就任して、相撲界がどう変るのかと
期待されている時なので、この問題を終ったものとせず、
今後に活かすように考えて行って欲しいものだ。

外国人力士がどうのと言う以前に、日本人力士を育てる事も
合わせて進めて行って欲しい。
相撲の面白さ、楽しさをもっと広めて行く事が、これからの
相撲界の進む道なのだから。

いろいろあったとは言え、惜しい横綱を失ったのだから、
今こそ真剣に取り組んでいかなければ行けないだろう。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。