2010年02月25日

業務報告書

今日は、業務報告書を提出してきました。
姉歯事件以後に義務付けられたおかしな制度です。

確認申請が煩雑になったのと同時に、建築士の活動を把握しようと
したものなのかも知れない、お上の論理で出来た的外れな
制度としか言えないものです。

事務所開設者が、この一年間の活動内容と所属する建築士が、
何を担当したかを報告するのです。

事務所登録の更新で、その度に事務所の活動は報告しています。
この制度は、それを更に各建築士にまで広げ、毎年報告させる
ことになります。
事務所の内容は完全にダブルもので、建築士一人一人を
把握すると言う意味なのでしょうか。

ただ、この内容は特にチェックするような物ではないと思えます。
全部管理・把握しているとも思えない。
まったく形式的な書類ではないでしょうか。

提出先は、これを見て何をするのか?
ただ保管し、資料が増えるだけではないだろうか。
確認申請も、やっとの事で簡略化の方向に動き始めている。
結局、あの時にやった事は現場を知らない人間が、想像だけで
縛りを掛ければ不正はなくなると考えたものだった。

この報告書にも、意味を見出せないままに、余計な作業と書類が
積み重ねられて行くような気がしてならない。
本当の意味での改革は、現場に携わっている人間にしか
出来ない事だろうが、逆にそれを受入れないのがお上だから
皮肉な話と言わざるを得ない。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。