2010年07月04日

ドイツがアルゼンチンを圧倒してベスト4へ進出

ワールドカップ準々決勝のもう一つの好カード。
ドイツvsアルゼンチン
因縁の対決と言われるこのカードは、過去ドイツの2勝1敗。
2勝の内の1勝はPK戦なのだから、実質1勝1敗1分と言ってもおかしくない。

どちらも攻撃力に魅力のあるチーム。
点取り合戦になるかも知れないけど、案外一方的な試合になるのではと
いう気がしていました。

試合開始直後の前半3分に、いきなりドイツが先制点を取り、
アルゼンチンは1点のビハインドで試合をしなければいけなくなった。
あまりにも早い失点で、アルゼンチンはリズムをつかむ前に
試合が進んでいってしまった。

見応えのある内容で、一進一退で時間だけが過ぎていった。
どちらも素晴らしいパス回しでゴールに攻め入るものの、
これまた素晴らしいディフェンスで防いで行く。
0:0だったら、本当に息の詰まる攻防であったのだが、
得点は無常にもドイツが1点リードしているのだ。

後半に入って、ドイツが追加点を取るのか、アルゼンチンが同点に
追付くのかが勝負を分けた。

後半23分に、ついにドイツはエースのクローゼが追加点を叩き込み、
ドイツは2点差とリードを広げた。

まだまだ追付けるアルゼンチンの望みを断ち切ったのは、
その6分後の29分だった。
粘ってゴール近くまでボールをつないできたドイツは、
ギリギリで出したボールを押し込んで決定的となる3点目をあげた。

この時点で殆どアルゼンチンの勝ちは無くなり、同点すら
難しくなったが、1点も取れずに負けるわけには行かない。
ディフェンスを下げて攻撃の選手を入れたアルゼンチンは、
攻撃する反面、ディフェンスが弱くなると言う賭けに出たのだが、
その結果は更に傷口を広げ、駄目押しの4点目まで献上してしまった。

この大会でまだ得点を挙げていないメッシのシュートが
ドイツのキーパーにキャッチされた瞬間に試合終了のホイッスルが
鳴ると言うのもドラマのようだった。

次に行われたスペインvsパラグアイは、予想以上にパラグアイが
健闘して、前半を0:0で折り返し、後半38分にようやく
スペインがゴールを入れて追いすがるパラグアイを振り切った。
パラグアイの健闘は、日本チームにとっても嬉しいことだっただろう。

こうしてベスト4は、ウルグアイ、オランダ、ドイツ、スペインとなった。
僕が好きなチームが3チーム共残っているのには、ちょっと驚いたが、
益々目が離せなくなってしまった。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。