2010年08月22日

サンバイザーと自転車

まだまだ暑い日が続いています。
連日のように真夏日と言う言葉を聞いています。

僕は自転車を使うことが多いのですが、大阪の主婦層を中心にして
使われている大型のサンバイザーには、ちょっと困ることもあります。
昨年あたりから急に流行り出した物で、TVショッピングで
一気に認知されたと思います。
庇の部分が黒いプラスチック製の物で、殆どみんなそれを下げて
顔全体を覆うタイプの物です。

パッと見は顔全体が黒くなっていて、伝染病や劇薬の処理などを
する時に救急の人がつけているような感じです。

これは日差しの眩しさを避けることと、日焼け防止の目的なんですが、
こちらから見ると顔がまったく見えない。
つまり表情が見えないんです。
使う人からすると、それもメリットとなっているのかもしれませんが、
自転車で歩道をすれ違う時などは問題があります。
顔が見えないということは、どこを見ているのかわからないし、
反応もわかりません。
ちゃんと見ている人も多いのでしょうが、よそ見をしていたり、
認識していない人もいると思います。
顔や表情が見えると、相手がこちらを認識しているとか、
何かの時には反応しているのがわかります。
ぶつかりそうなのでビックリしているとか、ぼんやりしているとか、
あらかじめ動きを予知して対処が出来ますが、それがわからないと
言うのは結構怖いものです。

年々日差しがきつくなってきて、日焼けを気にしている人も多い。
日焼け止めを塗っていても落ちて行く。
顔全体をUVカットの庇で覆うことは良い事だと思いますが、
もう少し色の薄い物とかにならないものか。

サングラスでも勘違いしているのは、色が濃い方が目を傷めるということ。

濃い色→暗い

この状態だと瞳孔が開くので、周りから入ってくる紫外線が
目に入りやすくなる。
逆に薄い色のサングラスは、程々に眩しさもあり瞳孔は
あまり開かないので紫外線の影響も少なくなるのです。

サンバイザーは、サングラスよりも顔全体を覆っているので、
周囲から入ってくる紫外線は少ないのでしょうが、濃い色だと
当然周りの物も見えにくくなるし、視界も色に引きずられて
周辺を見ない方になりがちで狭くなる可能性も有ります。

もう少し薄い色の物をメーカーさんが作ってくれるように
希望します。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。