2010年10月05日

国勢調査

今年は5年毎に行われている国勢調査の年です。
これまでは調査員が一軒毎に訪問して、調査票の配布と
回収を行ってきました。
回収にあたっては、個人情報の問題から密封した物を渡すと言う事に
なっていましたが、今回からは更に進んで郵送での受付も出来る
ようになりました。
従来の調査員に渡すと言う事も出来ます。

これは、留守がちな家庭の回収が大変だったのを、改善する事と、
密封しても尚、個人情報が気になる人への配慮とも思えます。
調査員の労力もかなり軽減されたと思います。

しかし、一方では郵送に掛かるコストがどうなのか。
国勢調査なので通常の料金よりは安いと思いますが、それでも
かなりの金額になるのではないでしょうか。

東京都では、試験的にインターネットでの回答も出来るように
なっています。
今のところインターネットを使った人は5%程度いるようです。
まだ今回は、東京と限定ですが、次回からはインターネットで
回答できるところが増えてくるでしょう。
システムさえ組んでしまえば、後の費用はそんなに掛からないはずです。
メンテナンスも必要でしょうが、国勢調査の時だけのはずなので
さほどいらないと思われます。
でも、これにかこつけていろいろと費用を掛けるのがお上の仕事なのが
気になるところですね。

そもそも、国勢調査の回答は、個人の申告だけで成り立っているので、
どこまで正しいのかはわかりません。
少し前に問題となった100歳以上の高齢者のように、生存していると
書かれると、そのデーターが記録されてしまいます。
国勢調査と住民票がリンクしているとも思えないので、
ここでも数字にずれが出ているのではないかと思われます。
基本的には真実として、その誤差は僅かな物でしょうが、
国の状態を把握する意味では、限りなく真実の数字に近づけて
欲しい物です。

回収率は、毎回下がってきており、平成7年は未回収が0.5%だったのが、
平成12年では1.7%、平成17年にはぐっと増えて4.4%となっている。
今回は、それを更に上回ることが懸念されます。

未回収が増えるのは、やはり国であろうと個人の事を知られたく
ないと言う考えや、若い人の国勢調査に対する意識の低さが
あるのではないでしょうか。

国勢調査の結果をもっとわかるように伝えて、それによって
何がどうなるかと言う事を発表しなければいけないと思います。
国に言わせれば、結果は誰でも見れるようになっているとか、
ちゃんと公表しているという事になるでしょうが、まだまだ
不十分だと思います。
国民に関心を持ってもらうためには、わかりやすいPRが必要でしょう。
具体的な数字や方向などを示してもらいたいと思います。

提出の期限は、郵送の場合10月7日までに投函となっていますので、
まだの人は早めに書いて出してください。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。