2010年11月04日

アメリカ中間選挙で民主党が歴史的大敗

アメリカ大統領選挙の間に行われる中間選挙で、オバマ大統領の
民主党が歴史的な敗北を記してしまった。

改革を訴えて大統領になってから2年。
アメリカ経済は、復活の兆しも見えないまま中間選挙となった。
この不景気の責任がオバマ大統領にあるとして、反対の共和党の
票へと流れて行った結果だ。
リーマンショック以来、アメリカ経済は低迷し続けており、
今の日本の円高現象は、まさにアメリカ経済を立ち直らせる為に
行っているアメリカ自身の経済対策なのだ。
これらのことがすべて大統領であるオバマ氏に責任をかぶせ、
それ以前にやってきた事を棚に上げた形で共和党の勢力が
盛り返してきている。

はて?
これはどこかで聞いた事のある話だ。。。。

そう、日本でも同じことが起きている。
政権交代を果たした民主党の立場はまさに同じだ。
オバマ大統領の誕生の方が先だった。
日本の民主党は、その「改革路線」に力をもらったようにして、
日本も変わるんだと言って政権を取った。
しかし、長く自民党政権で作り上げてきた社会の仕組みは、
そう簡単に変える事は出来なかった。
それは当然のことであるし、これまで政権をもっていないと、
これ程までに情報から切り離されていたのかと驚いた。
これでは、急に政権を取ってもわからないことだらけとなる。
本当に閉鎖的、排他的なところだったのだなあ。

話を元に戻して、アメリカはもう少し内容を見つめて、
じっくりと待つ事が出来るのかと思ったが、いつの間にか
日本人と同じようにスグに結果を求め、誰かに責任を押しかぶせる
国民になってしまったようだ。
色々な文化の交流と言うか、混流が起きている中で、国民性までも
影響を受けて変わって行くものなのか。

こういう場合、悲しい事に決して良いものが影響せずに、
悪い物が影響するケースが多い。
人間は弱い物なので、楽な事や得をする事に流れてしまう。
悪いと思いながら、他の人がするからやってしまう。
そんな事はよくあることだ。

少し前から、ニュースなどで日本の悪い部分が移っていっている
ような感じは受けていたが、今回の中間選挙もそうなった。
共和党が良いから投票したのではなく、民主党やオバマ大統領の政策が
今ひとつ結果を出さないから入れなかった。
こういうマイナス思考の選挙からは、何も生み出せないと思う。
ただ悪い事に、結果として残ってしまうから問題は更に大きくなってしまう。

日本もアメリカも悪い形の政局運営が続く。
世界的な不景気と閉塞感の中で、経済を担うべき国が
次々と止まってしまったら、これから先はどうなるのだろう。
ソフトやIT技術に頼るのではなく、実質的に体や物を使う産業が
鍵となってくるのではないだろうか。
人は最後には、自分で動くしかないように、形の見えない物への
神話は崩壊していっている気がする。
目に見える確かな物が、作り出す時代へと変換するかもしれない。
これは希望でもある。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。