2010年12月27日

熾烈な全日本フィギュアを制したのは安藤美姫

週末に行われていた全日本フィギュア選手権で、安藤美姫が優勝した。
今年の戦いは、これまでにない位のハイレベルなもので、
誰が優勝してもおかしくないものだった。
同時に、世界選手権への出場をかけた最後の戦いだったので、
少しのミスも許されない大会だった。

男子の3枠は、高橋・小塚・織田の3人でほぼ決まりだったが、
ジュニアの選手の成長も凄かった。
その中で、今期絶好調の小塚が他の2人を大きく離して優勝した。

女子の方は、ざっと考えても可能性のある選手が多く、
3位入賞がすべてを決めると言う状態だった。

ショートプログラムで、ジュニアの選手が次々と登場し、
そのレベルの高さには驚かされた。
しかし、今年からシニアに参戦して活躍している村上佳菜子の演技が始まると、やはりそのレベル差に驚いた。
一年間大きな大会で戦ってきた実績と自信をまざまざと見せ付けられた。
その後のベテラン勢も、やはり貫禄の演技で勝敗はフリーへと
持ち越されることとなった。

さすがにフリーになると、ジュニアの選手達はミスが出てきてしまったが、
来年はこの中から確実に何人かが出てくることだろう。

最終グループが登場すると会場の雰囲気は一変して戦場と化する。
滑走順も演出されたかのようになっており、興奮を抑えることが出来ない。

まずは村上佳菜子がノーミスで演技を終わりトップに立つ。
続いて、今期はミスに涙した浅田真央が復活を感じさせる演技で
村上を逆転して、ショートの1位を守った。
しかし、ジャンプで少しミスをしたために得点は200点を
超えることは出来なかった。
久しぶりの笑顔を見ることは出来たが、まだその表情は
硬く、完璧ではなかったことをうかがわせる。

最後に登場したのは、今期はフリーに絶対的な自信を持つ安藤美姫。
演技後半に5つのジャンプを持ってくると言う難しいが
高得点を狙えるもの。
これで浅田真央に勝てなかったら、安藤美姫としては打つ手がなくなってしまう。
緊張の中で安藤美姫の演技が始まった。

昔に比べて動きが滑らかになり、表現力も増していた。
勝負の後半、ジャンプもすべて成功して、見事逆転優勝を果たした。

結果、3位までに入った3人が世界選手権出場となった。
実に壮絶な争いだった。

3月に行われる世界選手権には、今期まったく試合に出ていなかった
キム・ヨナも参戦することが決まっている。
浅田真央も復活したとは言っても、まだ完全復活とは言えない。
安藤美姫は、今の好調を持続できるかが鍵だ。

男女共にハイレベルな選手がひしめき合う日本だが、肝心なところで
外国勢に優勝を奪われてしまうこともある。
今期最後の世界選手権では、フィギュア王国の日本の実力を
見せ付けて欲しいと思う。
いずれにしても、大変楽しみな大会になることは間違いない。
今から目が離せない大会である。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。