2011年02月23日

自転車のタイヤを替えたら

エコと健康の為に、市内は基本的に自転車で走り回っています。
よく乗っているので、タイヤの消耗も結構あるものです。
後輪は、タイヤのサイドが薄くなってほつれてきて、中のチューブが
覗いて来たので交換していました。

僕の乗っているのはマウンテンバイクです。
当初は、マウンテンバイクらしい太いタイヤを履いていたのですが、
街乗りだと抵抗が大きいだけで重たいのです。
そこで、後輪はやや細めのタイヤに変えてすっきりとしていました。
前輪も少し磨り減っていたのですが、まだ大丈夫とそのままで
走り続けていました。

でも、気がついてみると一箇所だけタイヤの真ん中の部分が
磨り減って内側のゴムが見えているではありませんか。
多分、きつい坂(土手から降りる急な坂)を下るときか
どこかで急ブレーキを掛けたときに擦り切れたのではないかと思います。
そろそろだなと思いながらも、また機会があればと走り続けていたわけです。

それが最近になって、ガタンガタンと走るに合わせて前輪が振動し
始めたのです。
何かタイヤにくっ付いているのかと見てみても付いていない。
軸がぶれているのかと思ってもぶれていない。
おかしいのは、やはりタイヤのサイドが何箇所かほつれ始めていて、
タイヤがやや膨らんでいるところがあった。

これのせいだな。。。。
ほっておくとタイヤが破裂したりして。。。。

もうこうなると諦めてタイヤを交換しなければいけない。
自転車屋さんに持って行ってタイヤ交換することにしました。

後輪と同じのに換えてください。

一杯有るタイヤを探しても同じ物はなかったので、違う物にすることに。
そうなればどれにしよう。

一口にタイヤといっても種類があるんです。
細い物から太い物。
溝の形や深さもまちまち。

今回も街乗り用に細くしようと思っていたので、細身の物で
何種類かを選んで、それぞれの感じを聞いてみた。
溝が少ない物は、抵抗が大きくやや重い。
当然、溝が小さい物はスリップしやすい。
そこで、溝の深いもので、すっきりとしたデザインのタイヤをチョイス。
タイヤの顔も、ほんとそれぞれに個性があります。
多少値段も変わるんです。
お店のお勧めは、やや高いけれどゴムの厚みが厚くて、中にメッシュが
入っていて丈夫なものでした。
これなら多少ガラスなどを踏んでもパンクしたりしませんよと言う
ことでしたが、そこまではいらないし、ガラスを踏まないように
気をつければ良いだろう。
ってことで、普通の値段のさっき見ていたものに決定。

チューブも交換して、取替え完了!

乗ってみると気のせいか軽くなった。
交換前は、マウンテンタイプの太いタイヤが、今では後輪よりも
更に細いタイヤに換えたので、すいすい走る感じがします。
前輪なので、駆動輪ではないけど軽くなったんです。
転がるだけでも抵抗って大きいのかも知れません。
なんかギアを一段軽くしたのではないかと思うくらいに楽です。

タイヤって結構影響があるんだなと知りました。
次に後輪を交換する時には、前輪と同じくらいの細い物に
しようと思いました。

余談ですが、そうやって走っている時に、大きな交差点で
事故があったらしく、車かバイクのパーツの破片とガラスが
転がっていました。
横には車が止まっているので避ける事もできず、ピシピシッと
踏んでいかざるを得なかったです。

こういうことがあるんだ。。。。
なるほどなぁ〜〜〜

気をつけても避けられない事態もあるのだと勉強になりました。
でも、タイヤはパンクもしていないので大丈夫でしたよ。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。