2011年02月28日

意外と知られていないダンボールの工夫

先日資源ごみの回収があって、ダンボールを出そうと思って
ダンボール箱を処理していて気が付きました。
とあるメーカーのダンボールの蓋の横にイラストが描いてあった。
それを見ると半分に折って、切れ込みをクイッとすると
収まりが良いらしい。
で、やってみたけど上手く行かなかった。

そこで他の物もひょっとしたらと思い見てみたが、イラストは
描いてなかった。
でも、よく見ると切れ込みが入っていた。
それを自分なりにやってみると綺麗に収まったのです。

なるほどね。
資源ゴミに出す時に出しやすいように工夫がしてあったんだ。

これは、意外と気が付いていない人が多いんじゃないかと
思うので、ブログで紹介しておいた方が良いな。
そんな動機で、この記事を書くことにしました。

まず、よくあるダンボール箱です。

ダンボール01

これを広げるとこんな感じですね。

ダンボール02

よく見ると真ん中に筋が入っていたりします。
無い場合でも、真っ二つに折れば良いです。
大体長手を半分にするものが多いかな。
その長手の両端に斜めの切込みがあれば、それを破ると、
それぞれ上と下の方向が反対になっているはず。
それをクイッとかみ合わせるとはまります。
↓こんな感じです。

ダンボール03

そのかみ合わせの部分を拡大したのがこれです。
なんとなく言っている事がわかると思います。

ダンボール04

こうすると案外落ち着くのです。
ぺしゃんこではないですが、変に膨らんだりしないのが不思議なくらい。
蓋の方にも同じ切込みがあって、同様にすると出来ます。

ダンボール05

これまでダンボールは、なんとなく大きさが揃うように折ったりして、
押さえつけながら紐でくくっていましたが、これだとなんか
収まりが良いのでかさばらないような気がします。

メーカーとしても、ちゃんと資源ゴミとして回収されるように
工夫をしていたんですね。
こんなちょっとしたことですが、気が付くと凄い発見をしたような気に
なってしまうから単純ですね。(笑)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。