2011年03月07日

ニュージーランド地震は、無念の回収へ

ニュージーランド地震が起きてから約2週間が過ぎてしまった。

ニュージーランド政府は、国際ルールに則って遺体の確認作業を
しているおり、身元確認を慎重に行っていた為、死者数は
増えて行くが行方不明者の数は変わらないと言う状況が続いた。

3日に捜索作業の打切りを発表し、遺体の回収作業に入ることを決めた。
これにより、身元の特定を進める為に資料の提供を受け、
昨日、日本人1人の身元が判明した。

ニュージーランド当局は、今後身元確認は数週間で殆ど終わると言う
見解を発表した。

無事を祈っていた家族や関係者も、今の状況を受け入れて、
生存の可能性が無いことを認識した。
これからは、少しでも早く日本へ連れて帰り、ちゃんと
埋葬したいことでしょう。

今回の地震は、発生からすぐに救出された人以外は、その後救出
されなかった。
地震の大きさと建物の構造や壊れ方が原因かもしれない。
後から誰か救出されるのをじっと待っていたが、まったく
報道されることは無く、今の状況を迎えてしまった。
救出作業に関わった人達の無念も大きいだろう。
沈滞した重い空気だけが流れていたのではないだろうか。

行方不明になっている人が、全員発見されて、待っている人達の
元へと返されることを願います。

この地震で亡くなった人達のご冥福を祈り、被害に遭われた人達に
お見舞い申し上げます。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。