2011年03月17日

東日本大地震への救援物資

阪神大震災から16年、今回の東日本大地震までに沢山の大きな地震が
発生してきました。
その経験の中から、救援物資についてもわかってきたことがあります。
阪神大震災の時には、とにかく被災地に向けて物資を送ると言う
ことが必要だと考えられていました。

今回の東日本大地震では、早くから救援物資について送るのを
統制したり、控えるようにと言われています。
それはどう言う事かと言うと、何でもかんでも送りつけると、
それの整理に人員が必要になったり、結果的に処分せざるを得ない
ゴミとなってしまうものもあると言うことが一因です。

例えば衣類では、男女の別、サイズわけなど、配る前に整理
しなければいけません。
避難所に何がどれだけ必要なのか、それを把握した上で
要望に応じたものを届けなければ意味がありません。
送る時に、サイズなどを明記した形で、分類をした状態で
送ることが大切です。

今は、各行政単位で、情報を整理してから、必要な物を
要求して届けてもらうようになっています。
自衛隊が被災地への物資の輸送を一元管理するようにしたのは
良い判断だと思います。

しかし、それでもまったく救援物資が届いていない場所も有るようで、
ツイッターやテレビやラジオなどのメディアを通じて、
やっとわかると言うこともあるようです。

ネット時代だからこそ出来る連絡方法があります。
それを良い形で使えることが、時代を反映したメッセージの発信でしょう。

僕も出来ることを探して、少しでも協力できるようにしたいと考えています。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています

坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。

阪神大震災の教訓は生かされているのだと感じていますが、あまりの被害地域の惨状とその範囲の広さに、中々進まない状況がもどかしくもあります。

ネットやメールが浸透した現代で、それらが混乱を招くのではなく、良い方法へ、手段として利用されることを願っています。
Posted by iu-kikaku at 2011年03月17日 16:53
iu-kikakuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

今回の地震は、被災した地域があまりにも広いと言うのが
情報の集約を妨げているとも言えますね。

ネットやメールの良い部分も沢山有りますが、混乱を招いたり、
悪用されることもあります。
被災された方達は難しいと思いますが、被災していない
僕達は冷静に判断し、正しい情報を流すように心がけて行きたいと思っています。
Posted by ツボ at 2011年03月17日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。