2011年04月09日

大阪の地方選挙はどこに向かうのか

東日本大震災があったので、少しかすんでしまったような、
全国統一地方選挙の投開票が明日あります。
民主党の政治に対して、一つの結果が表れようとしています。
大体の予想としては、民主党が議席数を減らし、自民党などの野党が
議席数を増やすのではないかと思われています。
しかし、野党もこの間パッとしていないと言うこともあり、
実際に結果を見ないとわからない状態だとも言えるでしょう。

大阪の場合は、これとはまた違った動きがあり、橋下大阪府知事が
代表となった「大阪維新の会」がどれくらいの議席数を取るのかが
注目されています。

大阪市と大阪府を一つにして「大阪都」を作るのだという
目標に向けて走り出した党です。
二重行政となっている大阪の無駄を省き、東京と並んで
日本の核となろうと言うものです。

昨日、ウチのすぐ近くに橋下代表が来ると言うので、その意気込みを
聞こうと思い出かけて行きました。
金曜日の夕方で、しかも雨降りと言うこともあり、予定時間を大幅に
遅れて到着。
さすがに演説は慣れている。
声の張りも候補者よりも良くて、迫力もあります。

さて、大阪都構想について具体的な話を聞けると思ったら、
それは話さないで、あっという間に終わってしまった。
ちょっと肩透かしを食らったような感じでした。

財政赤字になっている大阪を、蘇らせる為にはかなりの事が
必要だということはわかります。
それなりの決意と覚悟がなければ出来ません。
橋下知事は、この選挙で過半数越を狙っており、一気に大阪都構想へ
進もうと目論んでいます。

ここで、ちょっと気になるのが、今の政治はすべて数の論理で
物事を推し進めようと言う姿。
橋下知事にもそれが見えるのが気になりますね。
やはり、やりたいことがあれば相手を説得してすると言う姿勢が
大切なのではないでしょうか。

なんか、いつの間にか始まって、あっという間に投開票。
それぞれの候補者の考えは、配られてきたチラシで読むだけ。
そんな感じで選挙をして良いのかと思ってしまいますが、
制度の問題なので仕方がない。

東京では、都知事選挙も行われます。
こちらもどうなるのか気になるところですが、地元大阪の
今後の行方を左右する今回の地方選挙も、行方が気になるところです。
明日の選挙の結果で、大阪の今後の方向が見えるし、国会の運営に対しても、
変化が出るかもしれません。
不在者投票は今日まで、選挙は明日です。
棄権などしないで、投票に行きましょう。
明日の日本を作るのは、我々有権者なのですから。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 14:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

絶好の行楽日和だったにも関わらず、まずまずの投票率だったようですね。

選挙演説というものは、広報車での拡声器から発せられる名前の連呼と同じく、なぜか心に強く響くものが感じられない昨今に思えてなりません。

しかし、こんな状態で踏ん張っている日本の行く末、傍観者であってはいけませんね。

ポチ!してゆきます!!
Posted by iu-kikakuu at 2011年04月12日 14:24
iu-kikakuさん、こんにちは。

なんだかんだ言っていても、有権者が投票に行かなければ、
日本の政治を変えて行くことはできませんよね。

あとはどれだけ期待に応えてくれるかなんですが、それが一番難しいのが
困ったことです。
Posted by ツボ at 2011年04月12日 17:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。