2011年07月10日

スペースシャトル最後のフライト

アメリカの宇宙開発は、一つの区切りをつけようとしています。
アポロ計画の後を引きついてきたスペースシャトル。
日本時間の9日午前0時半に打ち上げられたスペースシャトルは、
無事に予定軌道への投入を果たし、最後のミッションに挑んでいます。

1981年に始まったスペースシャトル計画は、30年の歴史を刻んで
幕を引こうとしています。
まだ使えるのではないかと思うともろもありますが、
メンテナンスや部品の調達に費用がかかるようになり、
一つの時代を終わらせることになりました。

これからは、ロシアのソユーズが国際宇宙ステーションとの間を
繋ぐことになりそうです。
人類の宇宙旅行の夢は潰えたのかと言うと、そうではなく
今後は民間会社が引き継ぐことになるそうです。
一方、NASAはどうするのかというと、火星や小惑星の探査に
あたることになるそうです。
また有人の戻ってくるタイプになるのか、無人のロケットになるのかは
よくわかりませんが、新しい宇宙の謎を追い求めると言う事は
続いて行くのです。

飛行機型で、打ち上げられて、滑走路に戻ってくるその姿は、
なんとも不思議な感もありましたが、見慣れると当たり前のような
気もしていました。

過去に、2回の大きな事故を経て、今回の最終フライトを
迎えることになりましたが、このスペースシャトルが
もたらしてくれた経験と実績は、今後の宇宙開発にとって
貴重な資料となりました。

今回も、無事に任務を遂行して、地球に戻ってきてくれる事を願います。
暫くは、あの有志が見られない事を淋しく思うでしょうが、
新たなチャレンジに期待しています。
宇宙は、人類にとって、夢や希望を与えてくれるから。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。