2011年12月28日

カセットボンベに気をつけて

寒い時には、鍋が恋しくなります。
昨日は、生鱈が安かったので買ってきて、
初めて捌きましたよ。
身が柔らかくて、弾力がある。
鍋にするから比較的適当です。
刺身だと、綺麗にしなけりゃいけないけど、
どうせ鍋で煮ちゃうから、骨の処理もいらないし。

話は、鱈の話ではなくカセットボンベでした。
食卓で鍋を食べる時には、カセットコンロの登場となります。
食べている途中で、ポッと火が消えたので、
当然ガスがなくなったと思って新しいボンベに代えますよね。
それはそれで良いのですが、今朝になってからアクシデントが
あったのです。

朝、夕べのカセットボンベを処理しておこうと思い、
ベランダに出て穴を開けようとしました。
専用の器具がないので、プラスドライバーを金づちで
叩いて穴を開けています。

コンコン!

ドライバーが缶に刺さった瞬間。。。。

プシュ〜〜〜!

(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

勢い良く噴出すガス。
かなり出てきます。
更には、液体まで出てきます。
寒いからガスにならずに液体のまま出てきている
のでしょうか。
残っていたガスが噴出しています。

キレた思っていたボンベにガスが残っていたのです。
普通は空になっていますが、夕べは何かの原因で
火が消えてしまったのでしょうか。
明らかにある程度の量が残っていたのです。
一瞬だけシュッって言うことはありますが、
こんなに吹き出たのは初めて。

思い込んでいたので、確認はしていなかったです。
多少残っていると、振った時にシャラシャラと
音がするのです。
この確認をしておけば、こんなことにはならなかったはず。

まだ、噴出したくらいで良かったですが、
もう少し量が残っていたならと想像すると
ちょっと怖いです。

火が消えた=ガスがなくなった
のではないことを再認識。
やはり穴を開ける前には確認しないとね。

事故にならないように気をつけましょう。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。