2012年01月17日

阪神大震災から17年

阪神大震災から17年が過ぎました。
昨年起きた東日本大震災で、また思い起こす人も
多かったと思います。
その反面、東日本大震災のインパクトが強くて、
少し記憶の隅になってしまったこともあるかもしれません。

僕も、朝区役所のスピーカーから流れる
防災意識を高めましょうのコメントを聞くまで
今日がその日であることを忘れていました。

何時までも震災のことを言っていてはいけない。
前に向かって進んでゆこうと言う事で、
最近は報道で流れることも少なくなってきていました。

今年の阪神大震災の日は、これまでと違った気持ちで
迎える人も沢山いたことでしょう。
17年という数字が、何か特別な意味を持っているわけでは
ありませんが、東日本大震災から10ヶ月という時期や、
地震が起きたのが1月17日だったりもします。
僕個人にとっては、17という数字は好きな数字であり、
何か意味を持った数字でもあります。

神戸は、17年経った今では、殆ど震災の後は
残っていないほどに復興しています。
中心地の三ノ宮あたりは、そんなことがあったことなど
まったく感じさせないように、綺麗になって、
活気もあります。
西に行くと、住宅密集地だった長田あたりが、
妙に区画整理されて不自然な整然とした雰囲気だというのが、
逆に震災の後を感じさせます。
それでも、街は綺麗になって、以前よりも災害に強い
街に変わったということは確かです。

東日本大震災の被災地も、今はまだ片付けが出来たくらいで、
復興しているとは言えないところが殆どでしょう。
復旧すらまだのところもあるのではないでしょうか。
でも、そんな街も、神戸のように時が過ぎれば
必ず復興できると信じています。

あと2ヶ月すると震災から1年ということになりますが、
神戸のように立ち直り、以前にも増して元気になることを
願ってやみません。

阪神大震災から17年。
忘れてはいけないけれど、忘れてしまえるくらいに、
活気に満ちた生活を送りたいものだと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。