2012年10月22日

男子フィギュア、表彰台を独占

男子のフィギュアGPで、日本の選手が表彰台を
独占しました。
日本の大会かと思ってしまうような結果ですね。

ショートで、世界歴代最高得点を出した羽生選手は、
フリーでは4回転ジャンプの着地に失敗して2位に
後退しました。
ショートで2位だった小塚選手が、前日のミスを
分析して修正し、安定した演技で逆転1位となりました。
3位には、高橋・織田選手などを輩出している関西大学の
町田選手が入りました。

これからグランプリファイナル出場を目指して戦いが
始まって行く、いよいよフィギュアのシーズンに突入する
わけですが、その初戦で日本勢が表彰台を独占するのは、
勢いが付いて良いですね。

成長著しい羽生選手は、今年はキム・ヨナ選手についていた
コーチを呼んで練習しているようですね。
まだ若いけれど表現力があり、技術面でも伸びているので、
これからの次代を担って行くと期待されています。

小塚選手は、安定感があり、大きなミスもないと言うのが強みです。
ショートでも、確実な演技をして2位につけていたのが、
フリーでの逆転に繋がったのでしょう。

日本の男子が、これほど世界のトップレベルになるとは、
少し前なら想像さえ出来なかった事です。
今やフィギュアは日本の得意種目となり、世界が日本の選手に
注目をしています。

今シーズンは、日本人同士の戦いの方が厳しいのかも知れません。
海外勢も、日本に負けないように頑張るでしょうから、
見応えのある試合が見られる事でしょう。
女子ばかりに注目が集まっていたフィギュアですが、
今年は男子も目が離せないですね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。