2013年10月15日

クライマックスシリーズについて

以前にも書いた事が有りますが、
プロ野球のクライマックスシリーズのシステムについて
やはり疑問に思ってしまう事が有ります。

1位から3位の球団が、日本シリーズ進出をかけて
戦うわけですが、今年のファーストシリーズでは
セ・パ両リーグ共に3位の球団がファイナルステージに
進出しました。
これはこれで勝負なので仕方が無いと思いますが、
3試合しかなくて、2勝した方が勝ち抜けと言うのも
早すぎるような気もします。

セ・リーグでは、広島の絶対エースの前田健太投手が
投げて、予想通りに広島が先手を取りました。
2位の阪神としては、この後2連勝しなければいけない。
勝負は時の運なので、2連勝する可能性も十分ありますが、
かなり追い詰められるのも当然のこと。
せめて3勝した方が勝ちとはならない物でしょうか。
3勝とした上で、ファーストステージにもアドバンテージを
付けるというのはどうでしょうか。
その条件としては、2位と3位のゲーム差が5ゲーム以上の場合。
今年の場合は、ゲーム差が4.5なのでアドバンテージは無し。

同様に、1位と2位のゲーム差が5以上の場合は、
アドバンテージ1勝、10ゲーム以上の場合は2勝とする。

これはどういうことかと言うと、3位以内に入れば良い、
とりあえず2位をキープしようと言うのを防ぐためです。
ゲーム差関係なく順位だけをキープしようと言うのに対して、
その後のクライマックスシリーズまで影響を与えて、
最後まで勝ちに拘るようにする為です。

先程も言ったように、勝負は時の運。
その時に調子が良かったり、ラッキーな事が有ると
一気に流れは動きます。
クライマックスシリーズに入れば何とかなるかもという
考えを捨てて、少しでも有利になるように、
シーズン中から全力を尽くす。
手の抜いていると言う事ではなく、これまで以上に
1勝に拘る事をやって欲しいと思うのです。

144試合もあるので、ゲーム差が僅差の時には1位と言えども
アドバンテージはもらえない。
優勝するにしても、ちゃんと差をつけて勝たなければいけない。
もちろんリーグ優勝としては、1位として賞賛されるのですが、
クライマックスシリーズでは、タイで戦わなければいけない。

今の制度では、単に順位に関心が行くだけで、
ゲーム差を意識しているのは3位と4位で、どちらが
クライマックスシリーズに行けるかと言う状態です。
これは本来の目的ではないでしょう。
勝負をしているのだから、1位・2位も日々の勝敗に
関心が行かないとおかしいでしょう。
1位は優勝と言う大きな目標がありますが、優勝が決まった後の
2位は単に2位が確定したと言う事で安心してしまっています。
優勝決定後は、いかにゲーム差を詰めてアドバンテージを
剥奪するか、逆にアドバンテージが2勝とならないように
するかと言う目標があると、もっと最後まで試合が面白くなると
思いませんか?
2位・3位も同様です。
アドバンテージが取れるか取れないか、最後の最後まで
勝ちに行くという姿勢が、野球をもっと面白い物に
すると思うのですが。

今年も、クライマックスシリーズに進出する事が決まりましたと、
そこで終わってしまって、その後の試合はまるで消化試合。
関心は、もう既にクライマックスシリーズに向けられてしまう。
そんなことだから、野球中継もどんどん無くなっていく。

144試合最後まで楽しむためには、僕の提案って面白いと
思うんですがいかがでしょうか?

誰か野球関係者の人が、この記事を読んで採用してくれないかな。
日本のプロ野球人気を取り戻すのには良い方法だと思いますよ。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 17:33| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。