2018年06月29日

西野ジャパン決勝トーナメントに進出

決勝トーナメント進出をかけた大一番。
対ポーランド戦。

ポーランドは、この組の中で一番ランキングが高い
強豪国だが、既に予選リーグ敗退となっている。

予選が突破できなかったためにモチベーションが下がるって
いるのか、それとも、そこは意地を見せて1勝をもぎ取りに
くるのか。
やはり勝ちに来ましたね。

これまでの2戦から6人を変更して臨んだ西野ジャパン。
その日の調子を見て決めると言っていましたが、
メンバーを見ると、決勝トーナメントの初戦の為に
主力メンバーを休ませたようにも見えます。

それでも、先発メンバーが頑張って前半は0-0で
折返す事になりました。

ただ、これまでのコンビネーションと違っているからか、
良いところまでは責めていましたが、得点には結び付きませんでした。

後半に入ってポーランドにフリーキックから
先制点を奪われ、必死に追いつこうとするが、なかなか得点には
ならず、いよいよ終盤を迎える。

コロンビアとセネガルの途中経過が入り、コロンビアが
1-0でリードしている。
そこで西野監督は、大博打を打った。

日本が何とか得点を挙げて、自力で突破するか、
このまま負けてしまった時に決勝へ進める方法があるのか?

もし今の状態のまま終われば、勝ち点・得失点・得点で
セネガルとまったく並んでいて、次にはフェアプレーポイントで
日本の方が警告が少ないので、決勝進出となる。

しかし、これはあくまでもこのまま終わった場合。
セネガルが最後に追いついてしまえば、日本は敗退となる。
本当に一か八かの賭けである。

ボールを回して時間を稼ぐ日本に対し、会場からは
大ブーイング。
決勝へ進みたいが、このブーイングの中で続ける
選手は辛かっただろう。

結果的に、このまま試合が終了して、日本は決勝進出を決め、
セネガルは敗退となった。

各国のメディアは、この行為に対して酷評をしている。
「世紀の茶番だ!」と言う人もいる。
一方で、敗れたセネガルの監督は、これもルールに則った
ことなのでと潔く受け入れている。
立派だ!

ワールドカップは、決勝トーナメントに進出して
戦う事が目標。
結果にこだわり、批判はすべて自分が受け止めると
決断した西野監督は凄い。
戦っている中で、そこまで冷静に判断して采配を振るえるのは
なかなか出来ることではない。

批判は受け止めて、初戦のベルギーに勝利して欲しい。
少なくとも、互角に戦い、日本の力を見せつけ、
決勝に進むにふさわしいチームであることを証明して欲しい。

西野ジャパン、決勝トーナメント進出おめでとうございます。
決勝トーナメント楽しみにしています。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています


坪内優建築設計事務所のHPへ
【坪内優建築設計事務所のHP】


ブログのトップページへ


posted by ツボ at 12:11| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←にほんぶろぐ村 住まいブログに参加しています
坪内優建築設計事務所のHPへ 【坪内優建築設計事務所のHP】
ブログのトップページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。